包茎クリニックと一般の泌尿器科の違い

術後の仕上がりを望むのであれば、包茎クリニックの方がより安心できます

一般の病院の診療科目の一つである泌尿器科とは、尿の通り道に関連する臓器や生殖器などに生じる疾患を取り扱う診療科です。
治療の対象となる臓器は腎臓・膀胱・陰茎・尿管・尿道などから、男性器では陰嚢・精巣・前立腺などがあてはまります。
包茎治療の際にも一般の病院の泌尿器科に訪れるケースもあるのですが、包茎クリニックと比較した場合に双方にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず包茎治療を受ける際の費用についてですが、双方ではそう大きな違いがある訳ではないのですが、一般病院の泌尿器科の方が若干安くなります。
また病院で手術を受ける場合のメリットとしては保険診療の対象となる治療は自己負担が3割に留まりますので、費用を安く抑えられる点が挙げられます。
この手の治療は高額になることも多くありますので、費用が安くなるのは非常に嬉しい事ですが、ここで注意が必要なのは全ての治療で安くなる訳ではないのです。

自己負担が適用されるのは包茎全てが対象になるわけではなく、真性包茎や一部のカントン包茎など生活に著しい支障が出る治療にのみ適用される事になりますので、数としては圧倒的に多い仮性包茎は保険診療から外され自己負担は全額になるのです。

また包茎治療に関しては治療費が安ければ良い訳ではなく、術後の仕上がりなど質が求められる傾向が強くあることから、包茎治療を専門的に行なう包茎クリニックを選ぶケースが非常に多くなります。
なぜ治療の質が求められるのか、包茎手術は施術方法にもよりますが基本的に切開や縫合が伴いますので、質が低ければ術後に見た目で大きく目立つ事になるのです。
縫い合わせた肌の色に違いがある事からツートンカラーになり不自然に見える事もあれば手術痕が残る事もありますので、ご自身が気にするだけでなくパートナーにも見破られる危険性もあるのです。
こうした問題が生じるか否かは一重に医師の腕に掛かりますので、泌尿器科よりも症例数が多い包茎クリニックの方がより安心できるのです。