美容外科・形成外科と包茎クリニックの違い

包茎クリニックは包茎専門の治療院

美容外科とは人体の見た目を美しく改善することを目的にし、また形成外科とは人体の変形や機能性の欠陥に対して正常にさせる事を目的にそれぞれで治療が行なわれています。
双方共に外科系の専門領域になるのですが、名称が似通っている事から見分けが付きにくくなります。
この双方に関してはより細かく見た時に形成外科の場合は主に医療を目的にしているのに対して、美容外科は主に美しい形に修正する事を目的にしている点で大きな違いがあります。
この双方の診療科目も共に包茎治療を受けることができるのですが、包茎クリニックで治療を受けた場合と比較してどのような点で違いがあるのでしょうか。

まずそもそも包茎クリニックは診療科目で言えば形成・美容外科に該当しますので、基本的には双方ともに違いは無く同一の物になります。
ただ総合病院の形成外科や美容外科クリニックなどの場合は、包茎治療だけでなく他の治療も併せて行ないますので、包茎クリニックほど専門性が高くない点で大きな違いがあるのです。

例えば形成外科であれば主な診療範囲として体の表面や形を扱うことから、ケガ・やけど・皮膚の病変・先天性奇形の修正・若返り手術などを始めとして幅広い治療が行われます。
また以前よりプチ整形などの人気が高く、顔を美しくしたり脂肪吸引などの手術が行われることもあります。
多くの治療がある中で包茎治療はその中の一つになりますので必然的に症例数は少なくなり、包茎のみの治療を行なう包茎クリニックと比較すれば医師の技術力が必ずしも高いとは限らないのです。

もちろん整形外科の場合は見た目の美しさに主眼を置いていますので、包茎手術においても見た目をより自然に美しく整える事が可能です。
この点においては有利とも言えるのですが、包茎手術の場合は陰茎の感度を落とさず機能性を保つ事もまた重要ですので、そのあたりも含めて考えれば包茎治療を専門に行なうクリニックを選んだ方が良いでしょう。